まつもとひろみのブログ

カバラ超入門

2021/9/19

 カバラ入門が入りやすくなるような講座を、といわれこの講座を開きましたが、はたして分かりやすかったでしょうか。とにかく歴史の部分を短くしました。生命の木だけにしてヤコブの梯子を入れませんでした。それなのに新しい方を迎えたのに写真を撮るのを忘れました。残念!
 新しい方々を迎えるのはうれしいです。新しい風を感じます。いらした方も沖縄からいらしたり、多士済々。面白い仕事をしていたりで楽しかったです。いずれまたカバラをともに勉強したいです。

 やっと私は免許更新ができました。全部で5日かかりました。最後の日が一番簡単でした。目の検査もあっさり、ほっとしました。こんなにうれしい免許はありませんでした。

9月ILC

2021/9/15

 土曜日は酷暑、日曜日はそこそこ暑さが収まって助かりました。
マイ瞑想ブックが出来上がり、霊的教師の発表がありました。関谷氏が「シュタイナー」について発表しました。よく本を読んで新しい発見があったようです。霊的教師の発表はいつも楽しみです。また生徒のワークショップも始まります。ぜひ一般の方もご参加ください。
 私は運転免許更新のため認知症検査や実技検査やらで忙しくしています。その上緑内症の疑いありで目の検査を受けました。とうとう目薬を毎日注さなければならなくなりました。ちょっとうっとうしいのですが、長く目を使いたいので我慢することにしました。年を取るといろいろあるなーとため息です。
 今枯れてしまった庭の木の代わりに木槿(むくげ)を植えようと思ってます。紫色の八重なのです。この花は韓国の国花ですが、英語ではシャロンのバラと呼ばれ、イエスキリストはシャロンのバラと呼ばれました。シャロンさんはこの名をもらいました。写真を載せますね。

宮殿跡のモザイク生命の木

2021/8/28

 パレスティナ自治区のヨルダン川西岸のエリコ市で日本政府の支援でヒシャム宮殿遺跡のシェルターが完成したことが毎日新聞に紹介されていました。そこにウマイヤ朝の宮殿に中東一の規模のモザイクがあって、特に迎賓室に「生命の樹」と呼ばれるモザイクがあって、その絵が正倉院に残されている布の絵によく似ているのです。ペルシャの人々が日本の飛鳥時代に沢山来ているのですがこの絵でも示されています。昔の人が良く日本まで来たなあと感慨にふけってしまいました。

ワクチン2回目

 8月6日の金曜日、ワクチン接種2回目が終了しました。一回目の終了後より早く、すぐ腕が痛くなりました。その他は特に変化はありませんでした。が深夜からお腹というか胃がしくしく痛くなり、翌朝から下痢でした。もしやと思ってワクチンの副反応を調べると下痢もありました。なるほどと思い、一日何も食べず、夕方玄米のおかゆと梅干。これが収まったので、翌日からは普通の食事に戻しました。しかし、一日絶食して寝ていたので、すっかり体力が落ち、その日はごろごろしているだけでした。その翌日は普通の戻りました。それでも少し体調が不安定な感じでした。これもコロナワクチンの副反応でしょうか。火曜日のヨガで本当に体調が戻ったと思いました。やっぱり副反応が4日間ぐらいかかったことになりました。