まつもとひろみのブログ

やっとカバラと神道講座

2020/7/25

 当初4月5日に予定されていた神道カバラ講座がおこなわれました。前日感染者が300人越えでしたので少々嫌な感じでした。出席者は4人でスタッフと同数。でも観客がいて下さったほうが話しやすかったです。瞑想をしたのですが、あまり反応はなかったのが残念でした。慣れないと誘導瞑想は上手くいかないかもしれません。あまりオープンしていない知識も随分出しましたが気が付かれたどうか。とにかく終わってほっとして嬉しいかったです。次回は「コロナと占星学」その2をやるつもりです。その後、近くのパキスタン料理を楽しくいただきました。人と会食できるのは嬉しいですね。自粛があってこのことのすばらしさを再確認しました。

久しぶり関西

2020/7/19

 久しぶりに大阪で生命の木と星のカウンセラー養成講座で持ちました。懐かしい人とズームで東京の人が参加してくださいました。今度は心斎橋のトリンという場所でやりましたので、大阪の繁華街、商店街を楽しみました。何せ安い。人々も結構出てましたので少々コロナが気になりました。私も東京から行っていいのかなと考えました。特に東京の感染者が増えていましたから。でも何とかやり終えて東京に帰ってきてほっとしましたが、感染者が今日は286人になっています。また東京での講演会がキャンセルになるかありえる話だと思っています。go toキャンペーンについて東京を外すという発表がなされ、政府のなかでゴタゴタしているようです。誰がやってもなかなか良いアイデアは出ないのかと思います。がんばってください。
 さて関西滞在中に談山神社に行ってきました。次回のカバラと神道の講座で藤原氏の話をするので、その資料が欲しかったのです。雨がよく降って寒いくらいでした。参詣者は私ともう一組でした。秋はとても紅葉が美しいところだそうです。とてもここで中大兄皇子と鎌足が相談したとは思えませんが。

7月のフィリング

2020/7/12

 久しぶりの菅田先生の古代史講座でした。今回はやはり日本の古代の疫病がテーマでした。何時の時代にも疫病と戦ってきたのだと思いました。菅田先生が手作りで刀子(とうす)を作ってくださり、参加者皆に下さりました。秘教の世界では刀を先生からいただくということがありますから、とても有難くうれしかったです。また菅田先生が青島の神様とつながった話はとてもおもしろかったです。

 日曜日は「カバラと心理学」の読書会でした。久しぶりに話が盛り上がりというのも、自由意志を使ったのは何時だったかという課題が出ていたので、その話で皆さんが発言してくださったのです。みなさんオープンに話してくださったので、人生の難関にかかったときの問題を分かち合いました。実りあるときでした。

 その後の「カバラと神道」講座は古事記と日本書紀がなぜ同じ頃に2冊あるのかを話をしました。私の長年の疑問に結論を出す講座でした。張り切って話しましたが、その結果話が分かりにくかったのかと反省です。次回にもう一回話をして、分かりやすくするつもりです。

ILC2回目終わる

 ILCが始まって2回目が終わりました。今回は「インナーチャイルドを癒す」とジャーナルと高津さんのライフストーリーでした。毎回瞑想とエクササイズをやっていますので、随分慣れてきました。皆さん自分の心の問題に向き合っているところがすばらしいと思いました。とても良いグループです。グループの中の一人の方が、コロナでものの考え方がまったく変わったと言っていたのが印象的でした。コロナと占星学で言われたことが実際に起こっています。
 昨日のテレビでは、会社の総会が様変わりしているらしいのです。従業員を守れとか環境に気を配るような会社にしか投資したくないという声が多く聞かれたそうです。アメリカの今回の「ブラック ライブスマター」運動も今までと違います。黒人だけでなく、また警察がデモ隊に共感を示したりです。簡単に社会は変わらないでしょうが、新しい方向に向かっていると思わされます。コロナの後がどうなるのかは占星学と共に興味が涌くところです。