まつもとひろみのブログ

久しぶり菅田先生 古事記講義

2019/9/15

 酷暑が過ぎ、フィリングにも秋の勉学の時がやっとやって来ました。先生はお元気そうでしたが、お一人で暮らされてきたことは、とても辛かったのでは推察いたします。沢山のむかごを持って来てくださいました。
 今日の講義は景行天皇からでしたが、最初から脱線、瀬戸内海の石作りの伝統(笠岡諸島)や塩渥列島の船乗りが咸臨丸に乗り込んだ船員になったことなどから話が始まりました。真間は崖の意味とか、柴又は島またから来たなど、また天理教を支えた飯降氏が大工だったことなど、今回もああおもしろかった。今回は倭タケルの話が完結しませんでしたので、次回もまた倭タケルの話しからということになりました。楽しみでーーーす。

台風大変

2019/9/10

 台風一過、酷暑です。その上千葉は停電で、冷房はきかず、冷蔵庫も働かずの状態のようで、人々の暮らしは大変と案じます。所沢はそれほどの被害はなかったようです。でも夜は風の音でまんじりもせず一夜を過ごしました。皆さんは如何でしたか。
 その前日は生命の木の掛け軸作り最終回になりました。少し作業が残った人もいましたが、何とか終了。その後ナチューレという素敵なイタリアンを食べに行き、私の誕生日を祝っていただきました。何だか今年は良い年になりそうな気がしました。

 その上、右肩右腕の痛みは95パーセント消え、仕事の出来る幸せを感じています。つくずくおとめ座だなあと思っています。

おすすめギルガメッシュ神話

2019/9/8

 暑さもちょっとやわらぎ、古代オリエント博物館のギルガメッシュ神話の展示を見に行きました。ユダヤ神話にも影響を与えたメソポタミアの神話です。ぜひ見に行ってください。おもしろいです。ノアの洪水伝説の元が語られています。またエア(エンキ)という水の神知恵の神、の神殿がアブズ神殿と呼ばれ、これが深淵と言う意味なのだそうです。カバラでアビスと呼ばれる深淵はここから来ていると思われます。

 さて9月1日の掛け軸作りは進み、出来上がった人が何人かいます。9月7日も予定します。それで何とか終了して欲しいです。がんばれ。この日はクロアチアのお土産もあり、なんだか得した気分でした。

高円寺阿波踊り

2019/8/29

 今年の生命の木と星のカウンセラー養成講座が終了しました。2回目の人もいて皆さんとても熱心でしたので、教えるが楽しみでした。少しづつ読めるようになるのがうれしかったです。
 この最終日が高円寺の阿波踊りの日とぶつかっていたので、間に取る休憩を省略してぶっ続け4時間をやって、阿波踊りの開始が5時だったので、やっと間に合って終わりました。その後阿波踊りを見学して、とても楽しかったです。蓮に入って踊りたくなりました。こんど参加する道をさぐりたいです。
 その翌日、富士吉田の火祭りを見に行きました。私はまだ右手の痛さが残っていたので、長く歩けませんでしたが、火がともると富士浅間神社の参道にずらりと焚き火がともった時は壮観でした。感動しました。風はもう秋風でした。祭りのお神輿をかつぐ若者たちがかっこよかったです。富士山の形を模した神輿もめずらしかったです。神楽もあり猿田彦の演目まで見たかったのですが、あまりに長いのであきらめました。でも上手く和賀さんと会えて食事を一緒に出来てうれしかったです。 
 翌日は精進湖にバスで行きました。言われたとおり静かな湖でした。コーヒーぐらいと思ったのですが、店もすべて閉じていました。でもコスモスが咲き、紫陽花が咲きススキも秋風に咲いていました。びっくり。その上、だんだん雲が切れ富士山が姿を現したのです。ほとんど雲で隠れていたのですが、そのときだけ子供を抱いた富士山がなんと見ることが出来ました。神様の贈り物のようでした。ここでは富士山の前に小山があって子供を抱いているようだといわれているのです。