まつもとひろみのブログ

博多キャンセル

2017/7/17

九州で大雨が降り大災害になっています。日田には私も連れて行ってもらい、三連水車も見ているので、その悲惨な有様に心痛みました。その影響も考えて、また夏休みのために人が参加しにくいということもあって、今回の博多はキャンセルになりました。残念!
タロットコースの3回目は9月の夜2回でか、11月23日に移します。磯さんの算命学も一緒に。目下調整中。
しかし暑い。皆さん身体に気をつけてください。私も目下部屋の片付けに精を出しています。

アイヌの刺繍とバベルの塔

2017/7/8

博多に行く前の日、アイヌ刺繍を教えてくださるマキコさんとお会いして、フィリングでそのワークショップを持っていただくことになりました。穏やかで暖かいお人柄でワークショップが待ちどおしいです。7人以下では出来ないというのですが、もう7人は集まったので、開かれることになるでしょう。
当日は集まったら、まずマキコさんのおいしいコーヒー。そしてアイヌの刺繍についてお話を聴きます。そして昼食。午後はおしゃべりをしながら刺繍です。3時ごろまで。3時にはデザートとコーヒーで終わります。素敵な一日になりそうです。
マキコさんとお会いした後、ブリューゲルの「バベルの塔」の絵を見に行きました。これもおもしろかったです。非常に大きな視野で描いていながら、大変細かいところまで描いているには驚きです。メソポタミアで造られたかもしれない塔が現実にイメージを持ちはじめました。面白い体験でした。

博多でタロット

2017/7/5

先週末は博多でタロットワークを持ちました。全体で3日間かかるので、来月に3日目をもちます。7月は土曜日がタロットで日曜日は算命学になります。また続けられるのが楽しみです。
皆さんタロットを大好きになってくださって、わたしもとてもうれしかった。タロットは魅力ある教材です。含んでいる象徴がとても秘教ですし、自分の心理を巧みに写しますし、私も何度もゾクっとすることがあります。またカバラの考え方をすることがとても大事になります。

その土曜日小倉のトルコ料理店に行きました。高津君と田中さんがコーヒー占いをしてもらいました。料理もとてもおいしく楽しかったのですが、それが疲れのもとになったかもしれません。
月曜日は吉野ヶ里とその近くの巨石遺跡に行きました。吉野ヶ里も広く、甕棺の実物を見ました。これが九州独特とは知りませんでした。弥生時代の遺跡としては大きなものですが、王とか武器や戦争が始まっているのを示めしています。人類の火星紀がここから始まり、まだ脱しきれないのです。火星の次は木星です。早く抜け出せるといいのですが。ちなみに吉野ヶ里について「古代日本七不思議」という文春文庫ビジュアル版をおすすめします。写真が多いのです。吉野ヶ里は見に行く価値があると思います。
ところがその後、疲れなのか私はホテルの冷房のせいか、風邪っぽくなって、東京に着いた夜からおかしくなり、翌日漢方薬を飲んだ頃はすっかり熱が出て、とうとうカバラの道コースはお休みさせてもらいました。すいません。3日間寝まくりました。そうしたら、大塚さんも田中さんも体調を崩したそうです。全ての元凶はわたしにあります。高津君や建ちゃんは大丈夫だったのでしょうか?これから気をつけます。
今日曜日の朝ですが、立ち直っています。ご迷惑おかけしました。

神道とカバラこぼれ話

2017/6/25

今日も沢山の人に参加していただき感謝でした。それなのに、また脱線で大して進めませんでした。ネアンデルタール人からクロマニオン人の話から始まって、日本の縄文と弥生の話にてまどりました。だいたい日本で弥生時代が始まった頃がダビデ・ソロモンがいたイスラエルの時代です。そしてバビロン捕囚がおこります。その後、ユダヤ10部族が失われるのです。そこからやっと第2神殿時代とイエスキリストの話に持ってくるので時間は終わってしまいました。失われた10部族が日本に流れてきたという話をもっと深めるのは次回になりました。こんな感じで進みますが興味があればどうぞご参加ください。次回は7月4日です。ユダヤ人の歴史は本当におもしろいです。大きく世界を動かした人々を輩出した民族です。

image_print