まつもとひろみのブログ

カバラ夏の学校3

2018/9/15

 トレドの次はセゴヴィアに行きました。ここはハレヴィさんの小説の舞台になった所です。また「魂の暗い夜」の言葉を残した十字架のヨハネの修道院のある所でもあります。白雪姫のお城のモデルになった美しい城がありました。

segovia_convert_20180915152628.jpg

わたし達の泊まったホテル(ホテル・ドンフェリペ)から夜ライトアップされたのが見えて幻想的でした。トレドで泊まったホテルはホテルファンデロスレージェスといいい、昔の製粉工場をホテルに改造したそうで中世風で素敵でした。翌日は広場で市が立ち、お祭りもあって、メンバーの一人が踊らされました。とってもかわいく嬉しくになりました。マリアさんにエンジョイライフとしつこく言われたのが身にしみました。

 次はシグエンサという田舎の町のパラドールに泊まりました。とても古風な建物で,山の向こうに虹が出てとても印象的でした。
shiguensa_a_convert_20180915152650.jpg

 その頃から大阪の台風の話と北海道の台風と地震のニュースが入って来ました。大阪に帰るルナさんは心配でした。瑞穂さんも仕事場が心配でした。ロンドンに帰ってきて、ヒースローでJALの一席が代替でとれてほっとしました。
翌日はロスチャイルド家の邸宅を見にいました。とてつもなく大きく豪華でしたが、イギリスの王室に食い込み、社会に貢献し、生き残ってきた様子が少しわかりました。

rothchild_convert_20180915152711.jpg

 そしてわたし達の夏休みは終わりました。少し涼しくなっているのが嬉しかったです。

カバラ夏の学校2

 夏の学校で来春のジョアンナとカートの来日に会わせて日本のミニツアーを計画しています。それを皆さんに連絡して参加を呼びかけました。そしてロンドンに戻ってきました。次の日は午前中はフリーメイソンのグレートロッジに行ってきました。そこでもハレビさんはカバラを教えていたそうです。そこで勿忘草のアクセサリーを買いました。第一次世界大戦後フリーメイソンの人々が貧しい人に経済的に援助して助けたので、助けられた人々がそれを忘れないというので、勿忘草をシンボルに使うようになったそうです。午後はハレビさんがカートの家に来てくださって、ちょっとお話しました。ハレビさんは思ったより元気で、質問はないのかと私たちに尋ねました。教師は健在でした。その後一緒に食事をして、うれしかったです。ハレビさんはアイスクリームをしっかり食べていました。万歳。
 翌日はスペインに飛んでにトレドに泊まりました。トレドはそこでアラブ人とユダヤ人とスペイン人とがともに助け合いカバラの勉強をしたところです。ゾハールという本が世に出たのもここです。白いマリア教会というシナゴーグに行きました。ここはアラブ形式の建物で、キリスト教の教会として使われていたのですが、美しく清らかな光に満ちていました。前に比べてユダヤ人と文化に対する尊敬が生まれて、町のあらゆるところにユダヤ人街を示すサインがありました。中世の雰囲気の残る町並みを歩きアラブ料理のレストランで昼食を食べました。
toledo_maria_blanca_convert_20180915150931.jpg
 汽車で面白い人に出会いました。美術学校で数学を教えていたマリアという人です。彼女が夕方からトレドの町を案内してくれました。地下の発掘したところや、お友達の家の中のパティオを案内してくれたりしました。私に神道かと聞いてきました。東洋に興味があるみたいでした。トレドの素敵な夕日を見るのにアルカザールにも連れて行ってくださいました。すっかりトレドが故郷になりました。
toledo_lightup_convert_20180915150952.jpg

カバラ夏の学校

 フィリングの6人がロンドン郊外のホークウッドでもたれるカバラ夏の学校に参加してきました。ホークウッドは以前はシュタイナー学校に使われていたのですが、今は彫刻科だけが残っています。昔修道院だったそうで、幽霊が出るというのが売りです。しかしここの食事はすばらしいので、毎回楽しみです。ここで作る有機野菜や牛乳が実に美味しいのです。
 今回はちょっと人数が減りましたが、ジョアンナとカートの教え方は安定し分かりやすかったです。日本人向けに授業前10分くらい授業の内容のポイントを説明してくださったので助かりました。
2018summer__school_convert_20180915145633.jpg
 行く前日ホークウッドへ行く汽車のキップを買いに行った時、ブリッティッシュライブラリーに行きました。記憶の大広間のようでした。セブンテラス瞑想に使ってみよう。翌日はストラウドまで汽車で行き、ホークウッドカレッジに着きました。美しいイングランドの林や畑の景色がなつかしかったです。
 いつもより数は少なかったですが、落ち着いた良い授業でした。自然の中に入っていったり、瞑想があったりとても刺激を受けました。
2018summer_school_b_convert_20180915145609.jpg

とびらオープン記念イベント

 昨日ロンドンから帰ってきました。でも今日はプチコミュニティハウスとびらオープン記念イベントの、お祭りの日でした。そこでタロット占いをしに行きました。山永さんががんばっています。応援しなくてはと思って行きました。のべ70または,80人ぐらい来たらしいです。沢山の人が来ていました。皆さんここでの活動に助けられていて、山永さんの存在がとても大きかったです。その活動にカバラが役に立っていると思うととても嬉しいです。テレビの取材もありました。タロット占いも好評でしたので、又呼んでいただけるようです。皆さん真面目に生きていて、私も感動しました。6人ぐらいやった後は、すごい睡魔に襲われて申し訳ないけど帰ってきました。お近くの人はぜひ訪れてください。普通の日は駄菓子やカノンとして営業しています。
 ここでILCやカバラのコースができるといいですね。
 次は今回の夏のカバラの学校について書きます。

tobira_b_convert_20180912214112.jpg

tobira_a_convert_20180912214049.jpg