まつもとひろみのブログ

生命の木と星のカウンセラーコース

2021/1/17

 生命の木と星のカウンセラーコースの最終回がもたれました。講義はこの回でおわりです。この後は勉強会をもちます。みなさんがが実践してきたレポート(チャート、生命の木、感想)をもって集まり、それぞれの人のレポートを聞くことが大変良い勉強になります。カバラでは最初は独学でよいが、しばらくしたらグループで学べといわれます。つまり人から学べない人は成長できないのです。勉強会で再開するのを楽しみにしています。今回は新しい方が参加してくださって、とてもうれしかったです。新しいことを学ぼうとするチャレンジ精神に満ちた人でした。カバラの勉強を続けることを祈っています。

またまた緊急事態

 またまた緊急事態宣言が出されたので、フィリングのイヴェントを変更してます。ホームページをよく見てください。ILCベイシックコース卒業式が2月20日21日に移ります。タロットは2月23日、3月1日2日になります。易は3月13,14日です。歴史と占星学も2月キャンセルで4月にとびます。菅田先生の古代史面白話も4月になります。菅田先生の誕生日をお祝いしたかったのに残念、延期したところで誕生会をもちたいと思います。何しろ感染症は人の接触を減らさなければ収まりません。国のやっていることに協力したいですね。ここ一ヶ月はおとなしくしましょう。そんなときには瞑想ですね。瞑想の本「魂の終活」をお求めください。気をつけてお暮らしください。
 なお古代オリエント博物館で「イスラエル ガリラヤ湖畔の遺跡、ヒッポスとエン・ゲヴー」という展覧会をやってます。私もまだ行けてないのですが、面白い遺跡がイスラエルにはあるのです。1月31日までです。

新しい年明けにふさわしく

 新年にふさわしく高津さんの「繁栄の法則」がもたれました。高津さん自身は緊張していたようでしたが、大変好評でした。説明が丁寧でわかりやすいと感想がありました。繁栄の法則は自分の夢について語り、仲間とシェアし、秘教に手伝ってもらうので、とても楽しいワークです。高津さん自身よく勉強してきたので、うまく行ったのだと思います。みなさんもILCを学びがんばってILCを教えるようになってほしいと願っています。

 先日、ここでILCも学び、カバラも学んで、子供の居場所を提供しようという活動をしている人が久しぶりに訪れてくれました。東久留米で子供が生き生きできる場所として駄菓子屋カナンを開き、子供にご飯を出そうと活動を広げ、個食は子供だけでなく老人もとすばらしい仕事をしていました。ところがコロナで閉じざるを得なくて・・・、しかし彼女をそこで支えてくれたのはカバラだったのだそうです。そして自分が本当にしたかったのは何か考え込んで生命の木に書き入れたそうです。結局最初にやっていたところに戻って、セラピーをやってカバラを伝えていきたいと考えるようになったのだそうです。また駄菓子屋カノンをオープンしていますが、自粛期間にこの5年間の活動をカルタにしたそうです。参加者中学生から大人まで絵を描き文を作ったそうです。みなさん巣篭りの遊びにぜひつかってあげてください。色が美しい絵と文が楽しいです。税込み3000円です。

 

ハレビさんの略歴

2021/1/10

 カバラ・ソサエティからハレビさんの略歴が送られてきたので翻訳してここに載せます。
    
              カバラソサイエティ
       ぜヴ ヴェン シモン ハレヴィ(1933-2020)の略歴
ぜヴ ベン シモン ハレヴィはワレン ケントンとしても知られているが、9月21日に亡くなった。彼の仕事はカバラの伝統を私たちの時代に合わせ明快にすることであった。

1933年1月8日ロンドンの伝統的なユダヤ人の家族に生まれた。彼は子供時代の多くをハイワイコムの地域で過ごした。そこは家族が第二次大戦中ロンドンの爆撃をさけて移ったところであった。そこにはチルターン丘陵があり、歴史豊かな場所であり、野原と森の美しさは戦争の衝撃と共に深く彼の心に刻まれた。

 彼はロンドンに移って、歴史が好きなこともあいまって広範囲な発見をし、聖マーチン芸術学校と王立アカデミーで学んだ。グラフィック アーチストと本のイラストレイターの訓練は彼の本を再販するときに役立つこととなった。彼の芸術学校での訓練によって考えるときに学問的というより創造的に考えるようになったという。彼はまた人物の顔を描き人格を観察した。それが心理学を彼に教えた。これは後に占星学の生誕図を使うときに役立った。

 彼は最初に精神病院で働くことを国の奉仕に選び、後に大きなロンドンの教授病院で働いた。そこでまず、生と死における人間の心理について深く観察した。その後美術への好みに戻り、王立アカデミーと絵画の学校に行き、それで劇場の制作室に職を得た。その時に彼は実際的な技術を発達させ、あらゆる材質から何でも作り上げる方法を見つけた。ある種の才能があって、作る喜びを見つけ、年取っても道具や材料の収集を続け多くのものを残した。

 彼の若い頃は望遠鏡が大好きで、それが占星学への興味と秘教的な教えに導かれた。そこからいろいろな宗教と哲学の内側の次元への探求を続け、すぐ教えは一つであり、それは宇宙的なものであると気がついた。グルジェフとウスペンスキーの学校で、そこで友人に出会い、小さな占星学のグループを教えていた人であったが、彼にカバラと生命の木を紹介した。彼は生命の木を理解し憶え、マクロコスモスとミクロコスモスが如何に統合されるのを正確に説明するかを見た。そこで生命の木の展開した木が再形成されヤコブの梯子と呼ばれるようになった。彼は彼のユダヤ遺産をより深く見るようになり、伝統に隠された宝と広い神話を発見した。カバラについて書き教えることが彼の一生の仕事となった。

 1970の初期にホランドパークの小さなアパートで、行動、形成、創造、流出の4世界が人間存在の体、心理、霊、神性という用語に対応することを書き出した。そして他の魂の学校の先生に会い、どの文化や時代でも適合し理解を豊かにすることを指摘した。
   続く