FILING事務局

年末年始休業のお知らせ

2018/12/27

フィリング事務局は
12月29日より1月7日まで、
お休みさせていただきます。
 この期間のお問い合わせ及び
書籍等ネット注文への対応と発送は
1月8日以降となります。予めご了承ください。

2019年2月イヴェント案内

 生命の木と星のカウンセラー養成講座の人数が多いために、日曜日に
午後2コマ持つことになりました。時間帯は1回目に確認しましたので、
お間違いないようにお願いします。1:00~3:00と3:30~5:30の2コマです。

 今月は広島に呼んで頂くことになっています。生命の木と星のカウンセラー
養成講座に関連する内容にもなっています。また電話でお話をしているだけ
の人にお会いすることができるかもしれないと楽しみにしています。

 沖縄でも生命の木と星のカウンセラー養成講座が始まります。沖縄のILCの
グループは本当に真剣に取り組んでいるので、毎回どんどん成長しています。
とても楽しみです。

 タロットとカバラの講座が3月21日、23日、24日にもたれます。年に1回ないし
2回しかありませんので、このチャンスを逃さないください。Pソロモンの残した秘
教的なタロットの教えとハレビさんのカバラの教えが融合しています。

 フィリングで古事記の購読講座と古代史の授業をしてくださっている菅田先生の
奥様がご逝去なさいました。12月23日(日)お線香を上げに行って参りました。
菅田先生の奥様への愛情が深く清く胸にささりました。1月12日(土)の講座はいら
してくださるそうです。

2019年1月イヴェント案内

あけましておめでとうございます

 新しい年に平和が世界のどこにも届きますように。皆さんのご健康と幸せを
お祈り申し上げます。

新年は大きく変化の年になるようです。天皇の退位とかオリンピックの準備とか、
ITの発達とかが世界を大きく変えるでしょう。でも大事なのは私たちが互いにつ
ながり、愛と共に生きることを選択することです。

今年はカートとジョアンナさんがカバラを教えに来て下さいます。5月11日(土)、
12日(日)と18日(土)19日(日)に東京でもたれます。その間広島と籠神社、
京都に回ります。一緒にヨーロッパとイギリスのカバラを学ぶ人達が10人くらい
来る予定です。一緒に日本の神社などを回って神道の話などもしたいと思って
います。参加ご希望の方はぜひ問い合わせください。20日には関東の夕日の
滝で滝行をもちます。外国人も皆さん来るでしょう。みなさんも興味を持っている
のです。

今年の初めには浜村先生の易の講座があります。また人生解読講座もあります。
人生を考えていく上にとても役に立ちます。どうぞご参加ください。
また博多でILCアドバンスがスタートします。それと同時に「生命の木と星のカウ
ンセラー養成講座」が開かれます。

2019年1月イヴェント案内

2018/12/6

 新しい年の初めに、浜村さんに易の講座を持っていただきます。ILCアドバンスの一環にもなっていますが、一般の方にもオープンです。ソロモン先生もハレビ先生も易をよく学んでいました。中国の知恵はすごいです。私は習ってから、人生の選択にどれだけ助けられたかわかりません。
 さて先週末におこなわれた蓋井島の神事と彦島のペトログラフ見学のご報告です。私は体調を崩してしまったので蓋井島の神事は参加できなかったので、彦島の体験をお話します。まず、下関の町はちょっと哀愁のある港町でとても気に入りました。韓国文化が色濃く、韓国料理の店がたくさんあります。もちろん河豚の料理屋も沢山あります。下水の蓋もふぐです。港が見える海峡夢タワーは上る価値があります。全体の地形がやっと理解できました。彦島の位置も分かりました。さて彦島のペトログラフは見ても実はわかりません。そうだったろうなというのは想像はつきます。恐らく最初にこれを見た人は興奮したでしょう。この辺は韓国からの人の流入も多かったでしょうし、黒潮に乗ってやってくる人もいたでしょうから、シュメール語との関連を思いついたでしょう。おそらく事実であったと思います。この近くの瀬戸内海の大三島に一人相撲の神事が伝えられていることを考えると、シュメールの文化が流れ着いたことはあるでしょう。ただしそれを証明するのは困難です。お嫁に来てあたりを歩き回り発見したという方が岩を案内してくださり、清盛の墓も詣でて来ました。それ以外に、さすが長州、政治家や明治維新の遺跡が沢山あります。そこをまわっても面白かったと思います。昼は「ゆるり」というおいしいスリランカカレーを食べ、夕飯は唐戸市場で河豚を食べて下関を堪能しました。唐戸という名前からも、ここがいかに韓国との交流が盛んだったかを感じられます。そういう所から明治維新が起こったこともおもしろいですね。