FILING事務局

2017年7月イヴェント案内

2017/5/30

シャロンさんはバージニアビーチに帰って大活躍です。まず日曜日の集まりで日本での体験を話したら、最後はスタンディングオベイションで拍手喝采だったそうです。特にアマテラスの話と唯一神の話を、ソロモンの話と混ぜて話を終えたので、人々を感動させたのでしょう。皆さんがオーディネーションを受けた日本人に関心を持ったようで、もっと写真を送って欲しいと言うことでした。その上日本に行きたいという人もいて、ジャパンツアーはどうかという話しも出ているそうです。

また来年の秋にインターフェイスの会合をバージニアビーチでもとうと言う話は真剣なようで、私たちもジョアンナとカートをお招きしてカバラのワークショップを予定していたので、目下変更は可能かどうか探っています。そのときには日本から参加して欲しいそうです。そこでバージニアビーチの人も日本のフィリングの人を実際会って見たいようです。そこでは世界の宗教に関係する人達が呼ばれて、例えばイスラムの人やハワイの宗教家やネイティブインデアンのシャーマンが来たりするそうです。おもしろそうです。一時は今度のアドバンスコースの最終合宿をバージニアビーチを持つかという話まで出ました。さてどうなるのでしょう!

今回のスピーチクラスは、とにかく楽しく話せるようにと様子を変えました。トーストマスターというらしいのですが、今回楽しかったと言ってくださったので、この調子で行きます。瞑想とスピーチ楽しいですよ。参加をお待ちしています。

算命学集中コースが博多でもたれます。久しぶり。算命学も実に役に立ちます。東京でも持ってもらいたいですね。

フィリングの新学期は6月ですので色々な企画がスタートしています。楽しみにしてください。

2017年6月イヴェント案内

目下峯子さんとジェリーさんが来日しています。先週は東京でワークショップを持ってもらいました。十戒の中で、シャバットを大事にせよという戒と父母を敬えというところの戒をとても深く読み解いていただいて感動しました。人間の意識を取り扱っているのだと言うのに目を開かされました。またセラピーをやっている人達にも依存の問題を深く解いてくださって、役に立ったのではないでしょうか。この後の関西のワークショップも楽しみです。とうとう東京から参加する人も現れました。
5月初めの「見てもらいたい放題、ほぐしてもらいたいほうだい」は参加者が例年になく少なかったのですが、来てくださった方はみな意識が高く、この後の絆がうまれそうです。
同じく菅田先生に連れて行っていただく不思議なところツアーは参加者希望が一人だったので、これまた中止になりました。残念!日を改め再度開催したいと思います。
6月3日からフィリング総会を持ちます。新しく今年の高野山合宿で新たにILC教師を目指す人達が中心になって動かしてくれます。またフィリングの活動に関心ある人は参加できます。特に過ぎ越しの祭りの日に間に合わなかったのですが、過ぎ越しの祭りの食事会を持ちます(いままでは4月末にもたれていました。今年はシャロンさんの来日のため変更になりました。)どうぞ誰でも参加してください。高津さんのカレーは美味しいと評判で、磯さんのシェパードパイもおいしいです。大阪の新しい人の授業があります。ルノルマンのカードと点描曼荼羅の講座です。めったに東京では受けられないので、ぜひご参加ください。

松本ひろみ新刊『カバラの知恵』発売!

2017/5/6

「あなたは今の人生に満足していますか?満足していないとしたら原因は何ですか?
今の人生に満足していないのはつらいことですね」

お待たせいたしました!
松本ひろみ先生の新刊『カバラの知恵』がついに発売されました。
あなたの人生とは何か?望む未来をどのように創造したらよいか?という問いを、カバラの教えをもとに解き明かしていきます。フィリングの重要なワーク「人生解読」の解説書でもあります。生きていることに行き詰った方、迷いのある方、より幸せな人生を求めている方。ぜひ一度手に取ってみてください。
生き方のヒントがたくさん盛り込まれています。あなたの人生に変化をもたらすかも!

F事務局

当サイトで大好評発売中!

2017年6月イヴェント案内

2017/4/28

  所沢は桜の時期も終わり、今ははなみずきが美しい時になりました。山々は新緑で沸き立つようです。私が博多から帰ってくる時の車窓はどこも若緑と桜やれんげで最も美しい日本でした。 これが金星(ヴィーナス)で象徴される季節なのだなと思いました。地球の日本の春は本当に美しい。地球に執着する私でした。
 さて5月になるとジェリーさんと峯子さんが久しぶりに来日して、関東と関西でワークショップを持ちます。ジェリーさんの十戒の新しい視点がすごそうで、楽しみです。峯子さんの体調がいまいちなので私も通訳のお手伝いに行きます。関西の方々にまたお会いするのを楽しみにしています。
 また6月には、フィリング総会がもたれます。新しくアドヴァンスを終了した人達のアイデアと実行力が試される時です。楽しみです。わたし達の努力で少しでも地球を進歩させるグループに成長していきたいものです。
 5月13日(土)から瞑想とスピーチクラスを始めます。瞑想はセブンテラス瞑想やカバラの瞑想、神道の瞑想を毎回かえてやります。ILCクラスの始まる前の練習としても考えています。
スピーチはとにかく人前で話すことに慣れる事を目指して、楽しい会にしたいと思います。
 さて博多では、月曜日に香春(かはる)に出かけました。新羅の神が来て鎮まったという伝承があるのです。大昔銅がとれて、その技術をもつ新羅の人々がやってきて定着したらしいのです。その人達が秦氏であったり、物部の祖であったりしたということです。その一人に「つぬがらあらしと」とか「天の日ぼこ」とよばれる王子がいるのですが、この方は奥さんを追って日本に来たといわれるのです。その奥さんは「あかる姫」とよばれ、姫こそ神社に祭られています。その神社が鶴橋に沢山あるのです。やっぱり韓国の人達が沢山住むところです。おもしろいねー。その「つぬがらあらひと」を祀るアラヒト神社は、いまだに信仰が生きているようでした。そして香春神社は不思議な神像があって奥殿の前にすえられていました。このような像は見たことがありませんでした。神社の注連縄も変わっていました。あかる姫というのは太陽神だなあとこれを書いているうちに思いつきました。そういえば猿田彦も祀られていました。
 また香春駅をリニュウアルして町おこしにがんばっている人にお会いしました。村井勇輝さんです。大阪から来たそうです。また香春の観光協会でがんばっている桃坂さん色々教えていただきました。又お会いしたいです。どこでも若い人や、新しいアイデアを持った人が働いていらっしゃることは本当に未来に希望をもつことができてうれしいです。

松本ひろみ

image_print