フィリングのシンボルマーク

starecolore_sシンボルとは何でしょう?たとえば名前も、その個人の発達と表現に影響があるということ。
これは意識されるべきでしょう。数秘学などを学ぶ学生は、名前の重要性をもっと知っているかもしれません。
象徴学を学ぶ人は、象徴がもたらす効果をさらに分かっているでしょう。

なぜならこのシンボルの重要性のひとつが、象徴やロゴは字の最初やサインの初めに来て、ある種の実体を引き出すを引き出すことにあるからです。
つまり最初の導入は、反感にしろ好意にしろ、第一印象を作り出します。
あらゆるコミュニケーションは、その第一印象から導き出されます。

おそらくもっと重要なことは、特にそれぞれを述べようとする一瞬に使うエネルギーと、その象徴を使ってきた人の心理的な価値が加算されているということであるでしょう。
だからこそ聖なる書物は、価値やエネルギーが高まっていて、影響を及ぼすころがありえるのでしょう。

カール・ユングは、それ自身が作られた時から価値の高い象徴があって、それは人類の意識に影響を与える宇宙的な象徴であると言っています。
それは言葉を超えた意味を伝達するのです。

さあ、色と構造から来る印象を静かに吟味してみましょう。
私たちが受け取ったものは、色の表現するところと、その最も高いレベルの系統が持つ象徴の伝統的な意味に、とても意味深いメッセージを込めたものなのです。

shimbol_starこの印は、ふたつの三角形からできています。ひとつの三角は下向きで、神聖の三つ組の表現である青色をしています。青は天上と関係し、クールな色で(感情を超えている)、正直さと明晰さの色です。他の三角は、人間の大きなみっつの視点を表しています。心と身体と霊です。上向きであるということは、神を熱望して『源』に届こうとしているのです。その色は地の色で、直感的な意識を使ったとしても、実際的で、論理的で、地に足をつけようという意図を表します。

三角形が重なるところに、ひし形ができます。これは、これらの力の償い(ひとりの人の意図)と明晰さの象徴を同時に表します。四角というのは固く、すべての仕事がこの上になされます。ダイヤモンドの中は、カルメル山の中心の目的が表されています。学びを示すランプであり、知恵と啓発の古代からの象徴であり、『世の光』であり、『光を藪の中に置かない』であり、『私の足元と道を照らすランプのような神の言葉(詩篇 119:105)であり、伝統的な決まり文句です。これらは『真夜中の油を焚く』ための努力をする覚悟をも示唆するものです。

中を取り巻いている三角は、それぞ独立しながら、全体の一部を形成しています。この一見相対して聞こえるものは、学校の象徴なのです。それぞれは独立したカレッジですが、全体はそれらが協同して成立するのです。よっつの象徴は、カレッジの数を制限するものではありません。全体を毛形成する各学校の性質を説明しているのです。

上のふたつは、人間の中に神聖を呼び起こすものです。つまり天を地に降ろすチャレンジであり、美の学校(内なる光を意識する学校であり、年代を超えた叡智の学校であり、聖なる文献のアカデミー)のなのです。

上向きの三角は、天を思い起こされるような園芸や工芸、あるいは学校を建てることやヒーリングの学校を意味しています。

image_print